この記事は約 2 分で読めます

投手の体のケアの方法!故障をしないメジャートレーナーのトレーニング方法

この野球DVDは「投手の肘や肩」を守るケアのトレーニング方法です。

ピッチャーならば、誰しもが経験する「肘や肩の痛み」です。毎日練習していれば、その疲労は慢性化して、ダメージの蓄積により故障してしまいます。その様な野球障害から体を守るための投手のケアの方法を、プロ野球&メジャートレーナーの経験がある「高嶋誠」が教えてくれますよ。

怪我をすれば選手生命の危機になります

どんなに一流のピッチャーでも故障をすれば、以前よりもパフォーマンスが衰える投手は多々います。ですので、プロ野球選手は体のケアを行ったり、専属のトレーナーを付けたり、トレーニングに励むんですね。

プロでなくても、投手ならば故障のリスクは多くなります。ですので、しっかりと毎日のケアや野球障害にならないためのトレーニングが大切なんですね。

上記の様に、疲労の蓄積での痛みだけでなく、ピッチング時に複雑骨折したり、関節唇を損傷や断裂したりすれば投手生命にも影響を及ぼします。関節唇がはがれてしまえば自然には戻りません。

田中祐貴(ユウキ)

近鉄・オリックス・ヤクルトでプロ通算8年を過ごした「田中祐貴」も故障に悩まされるピッチャーの一人でした。

一億で壊れない肩が買えたら、借金してでも買った。それを返せる自信もあった。

と語ったのは有名な話です。これ程まで怪我や故障の慢性化は、ピッチャーとしてはナーバスになる重要なことなんですね。アイシングやストレッチ、マッサージだけではいけません。しっかりと怪我をしにくい投手のトレーニングがあるんですね。

ピッチング・フォームが原因?

確かに良くないピッチングフォームで肩や肘を痛めることはあります。ですがフォームを改善してもやっぱり肩や肘が痛い。ということは多々あります。

それは、やはり「投げる」という動作が変わらないからですね。当たり前ですが、投げれば投げるほどにリスクは増していくものです。ですので、怪我をしないトレーニングや体のケアが大切になるんですね。

怪我に悩む前に!

肩や肘の痛みは突然襲ってきます。後々になり、しっかりと体のケアをすれば良かった…と後悔するものです。その様な後悔をしなため、投手を守るため、お子さんが投手をしているのであれば、一度チェックしてみて下さいね。

今なら内容に満足しなかったら「返金保証」が付いていますよ!

⇒ 投手パフォーマンスライン!投手の故障再発防止プログラム

野球障害

プロ野球選手が教えてくれる最短の上達方法のDVD

投手 守備
打撃 走塁
コーチ トレーニング

投稿者プロフィール

管理人
管理人
野球がうまくなりたい!レギュラーになりたい!活躍したい!指導力を高めたい!そんな野球人を応援しています。効率良く上達するには野球DVDを見て学ぶ事が一番の近道になりますよ。上手くなれば、より野球が楽しくなりますよ ^^ /