この記事は約 2 分で読めます

落合博満のバッティング理論!孤高の天才を分かりやすく解析

孤高の天才と言われ、プロ野球史上初の3度の三冠王に輝いた「落合博満」のバッティング理論の秘密です。

何故?天才と呼ばれるのか?何故バッティングが凄いのか?それを誰にでも分かりやすく解説したいと思いますので、内容がよろしければブックマークやツイートでの拡散をよろしくお願いいたします ^^ /

落合博満の打撃の神髄は「ミートポイント」を一定にする事!

落合は、自分のミートポイントで打撃をする事を神髄としていました。ピッチャー(バッテリー)は打者のタイミングを外そうとします。しかし、どんなボールでも自分の一定のポイントで打つ事ができれば、ピッチャーに左右される事が少なく、自分の打撃が出来るという理論です。ようは常に自分の懐までボールを引きつけて打てるバッティングになります。文章だけでは分かりにくいので、画像を作成しました。

インコースでも自分の懐で捌くバッティング!

左が一般的なバッティングの「ミートポイント」で、右が落合のバッティングの「ミートポイント」です。

落合バッティング

一般的には、内角は差し込まれると空振したり、詰まったりします。外角はボールを引きつけないとバットが届きません。

しかし、落合は内角・外角関係なく「ミートポイント」を上記の画像の様に「よりフラットに近く」する事で高い成績を残したんですね。

通常ならば、内角は早いバット始動、外角は遅い始動になりますが、落合の様にフラットにすればコースに関係なく内角も外角も同じ様なタイミングで打てると言うことです。

落合博満のバッティングの秘密!

理論としては上記の通りですが、では実際に落合はどうやって打っていたのでしょうか?

下記の画像は、コースが外角なのに、ボールを捉える前には「体が開いている」事が分かります(巨人時代・次の画像はロッテ時代)

落合バッティング

落合は、バット始動時~始動後には必ずオープンスステップでバットを振りに行きます。

これにより、インコース・真ん中が打ちやすくなります。

落合

ですが、ここで疑問に思う事は、体を開いてインコースを打って、何故ファールにならないのか?という疑問ですね。

インコースは体を開きながらも、しっかりと肘を抜いて打っている。と言うことが言えます。また「バットコントロール・手首の強さ」もありますね。手首の強さとは柔軟性や押し込む技術を言います。

アウトコースは何故バットが届くの!?

体が開きながらも、何でアウトコースのボールにバットが届くのか?

その秘密は「長いバット」を使っていたからです。長いバットで重量もあったためにアウトコースをホームランに出来ていたんですね。

この様に、体の強さ・柔軟さ・技術・バットと総合的に自身のバッティングを確立した大打者なので、他の選手が安易に真似をしてもダメだと言われる由縁になります。

バッティング指導にも秀でた落合博満のバッティングについて興味があれば、下記の記事もあわせてお読みくださいね。

プロ野球選手が教えてくれる最短の上達方法のDVD

投手 守備
打撃 走塁
コーチ トレーニング

投稿者プロフィール

管理人
管理人
野球がうまくなりたい!レギュラーになりたい!活躍したい!指導力を高めたい!そんな野球人を応援しています。効率良く上達するには野球DVDを見て学ぶ事が一番の近道になりますよ。上手くなれば、より野球が楽しくなりますよ ^^ /