この記事は約 2 分で読めます

野球のメンタルトレーニングの方法

このDVDは、スポーツ選手の「メンタルトレーニングの方法」になります。

緊張やプレッシャーはスポーツには付き物です。ほど良い緊張は楽しめますが、極度の緊張や失敗をしたらどうしよう…などの心理状態になれば、体が思うように動かなかったり、瞬時の判断や動きが鈍ったりします。ミスに直結する訳ですね。その様な実力を低下させる要因がメンタル面ですね。何事にも動じない様な緊張知らずの人が羨ましい!そんな場合には、必見の「メンタルトレーニング方法」ですよ。

スポーツ選手にメンタルは非常に大切

読売ジャイアンツは、周囲の声が大き過ぎてプレッシャーが大きいというのは有名です。ファンの多さ・OBの声・周囲の声・読売グループの声など様々な意見がプレッシャーとしてのしかかります。

そんな中で委縮したり「失敗したら次は使ってもらえない」などのプレッシャーで、若手も育ちにくい状況です。

そのプレッシャーから解放されて、レギュラーの座を掴んだのが、巨人から日本ハムに移籍して伸び伸びプレーしている「未完の大器:大田泰示」ではないでしょうか?

それほど、メンタル面はプレーに影響を及ぼすと言うことなんですね。

誰しもが感じるプレッシャー!

どんなトップアスリートでも緊張や重圧に悩まされます。清原和博選手も巨人はプレッシャーが凄かった。と語っています。

そうなれば良いパフォーマンスは発揮できません。プロ野球でもランナーがいなければそこそこ打てるのに、チャンスには全く打てない様な選手もいます。いわゆる得点圏打率が悪い選手ですね。

鋼のメンタル!

逆にこの選手もメンタルは凄いなぁ。と感心したのがモデルと不倫・妊娠・中絶させたロッテの選手ですね。その問題が出た直後でも絶好調で打ちまくっていました(笑)凄いメンタルです。プレッシャーがかかる巨人では松井秀喜選手がプレッシャーに強かった印象があります。

緊張やプレッシャーを感じないプレーをするには!?

緊張やプレッシャーを感じる時には、どうしても「余計なことを考えがち」です。

投手なら「打たれて点が入ったらどうしよう…」打者なら「このチャンスで回ってくるな・打てなかったどうしよう…」守備なら「こっちへ飛んで来るな・エラーしたらどうしよう…」などですね。この様に余計な事を考えるために緊張やプレッシャーを自らかけてしまうのです。

逆にその様な状況にならないためには「集中力」ですね。しっかりと目の前のプレーに向き合い集中していれば、そんな緊張やプレッシャーを感じずにプレーが出来るのです。

ポジティブシンキングも大切ですね。この場面で打てばヒーローになれるから燃える!などですね。

ですが、なかなかメンタル面は独学では難しく、その人の性格や経験にも大きく左右されます。

メンタル面を強化したい場合には「1日10分で出来る簡単なトレーニング」があるんですよ。

⇒ 本番で実力を発揮するメンタルトレーニング

メンタルトレーニング

プロ野球選手が教えてくれる最短の上達方法のDVD

投手 守備
打撃 走塁
コーチ トレーニング

投稿者プロフィール

管理人
管理人
野球がうまくなりたい!レギュラーになりたい!活躍したい!指導力を高めたい!そんな野球人を応援しています。効率良く上達するには野球DVDを見て学ぶ事が一番の近道になりますよ。上手くなれば、より野球が楽しくなりますよ ^^ /